とにかく俺の視点 半分備忘録 withレストラン西遊記

毎日の生活の中での気付き・発見・つぶやきを綴ります。ちょっとそれ知ってるといつか役に立つかも!と思ってもらえるような小ネタを投稿。

無料イラスト【イラストAC】

おかしなジレンマ

コロナ禍において国および関係自治体から企業に向けて休業要請が出ている。

 

おかしなことにこの要請とやらを聞くのはテレビ・ネットをはじめとするとメディアでのみとなる。

 

つまり普段の生活の中で件のメディアなどに依存しない人種にとって知ることのない情報なのである。

 

ある会社の社長さんが要請のことを知らずに普通に会社を営業させうることもあるのだ。

たしかにこう言ったケースは稀なのかもしれないが。

 

だが自分の会社では、国からの緊急事態宣言の発出並びに東京都からの休業要請が出された後に社員から社長に営業業務の指示を仰いでいる。「あら、そんなことになってたの?」と社長のひとこと。おそらく何も言わなければ通常通りの営業もあり得る。

 

関係各所から電話や書面、FAXを通して会社に直接アナウンスされることはない。そんな悠長なことを言ってられないことも重々承知。

 

ただ、本当に何も知らずに営業を続けていただけなのに罰金を喰らう羽目になることだって少なからずある。

 

この時代にテレビもスマホもありませんという人は少ないのかもしれないが、みんながみんな逐一国からの情報を把握していると思うのは早計だ。

 

三回目に発出された緊急事態宣言の際、

東京都は独自に中小企業に協力金を捻出している。だが、その事実だってメディアまたホームページをチェックしていなければわからない。

そんなことっておかしいと思いませんか。

東京都から直接会社に連絡が来ないんですよ。

メールでもいいから一斉送信でアナウンスするべきですよ。

 

テレビでは要請なんてそれっぽく言ってるけど、要請される先からすれば、テレビでそんなこと言ってたねぐらいの価値にしかない。

 

このことが 一番問題なのではないだろうか。