とにかく俺の視点 半分備忘録 withレストラン西遊記

毎日の生活の中での気付き・発見・つぶやきを綴ります。ちょっとそれ知ってるといつか役に立つかも!と思ってもらえるような小ネタを投稿。

無料イラスト【イラストAC】

令和元年5月8日〈水〉

初夏の陽気とまではいきませんが、カラッとした気持ちで過ごしています。

靴磨きはアートだ!!

NHKで世界一の靴磨き職人「長谷川裕也氏 @表参道 Brift H〈ブリフトアッシュ〉」が紹介されていました。

なんと1足磨き上げるのに1時間を要するとか。靴を新品以上にキレイに仕上げてくれます。靴を磨いているいるシーンはずーっと見ていられそうなぐらい手際が良いです。

お値段は6,000円と高値ですが、それ以上の価値を得られそうです。

表参道 Brift H〈ブリフトアッシュ〉
https://brift-h.com/

中川政七商店にみるブランディング

テレビで中川政七商店が取り上げられていました。平成の時代に〈なんかつい最近の元号が過去のものに・・・〉売上を10倍以上に伸ばした雑貨屋さんです。このご時世に雑貨という業種で急成長をとげるってすごくないですか?!平成18年に1号店を出し、いまでは全国に55店舗あるそうです。創業者であり会長の中川政七さんは44歳です。

このお店のウリは職人の技やアイデアにこった生活用品です。そういった商品にまつわる職人さんの技や特別な思い、伝統価値などを消費者にアピールすることで購買意欲を掻き立てているそうです。ここに中川政七商店の勝機が隠されています。

中川政七商店 会長 中川政七さん
「表面的なデザインだけでなく、裏側のストーリーも僕らなりにくみ取って、1つの物語としてお伝えできる状況になるべくしようと思っている。
その物語に共感していただけると、初めて買っていただけるのかなと。
こういうものは、家に類似品が絶対1個くらいある。
そこでまた買ってもらうのは、何かそこに『へえ』とか『ほお』とか、会話が生まれて楽しいじゃないですか。
そこまでをデザインしないと売れない時代なんだろうなって思いますね。」  

おそらくどこのブランドだってオリジナルのストーリーや製品開発秘話などが存在するのではないでしょうか。中川会長が仰っているように、表面的なデザインだけでなく裏側のストーリーをもっとアピールすることで、商品に新たな付加価値を見出し、ひいてはお客様の購買意欲を高めることにつながると思います。

おいらもある製品を取り扱っていますが、今思うと割引や特典など小手先な戦法に頼りっきりでした。これからは、「なぜこの商品を使ってもらいたいのか」商品への熱い想いやこだわりを上手にお客様に伝えていければと思います。

中川政七商店〈オンラインストア〉
https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/default.aspx